中華製HIDってど~なん? その2

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 中華製HIDってど~なん? その2
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed

つづきデス ^^

とりあえず 仮に電源、アースをとって
仮に配線を接続し 並べてみます。

点灯!
明るいですね。
写真は点灯直後なんで青っぽいですが
しばらくすると白っぽくなりました。
某ミンカラによると
空焼きした方が良いそうなんで
(バルブ表面の薬品?を焼き切るため)
15分ほど点けていました。

優しい兄貴^^はバッテリーもプレゼントしたので交換。
ATLASバッテリー(韓国製^^)
80D23Lです。
純正は65D23Lなのでかなり容量アップです。
このサイズでアウトバクスだと
75D23Lで21480円か24480円
80D23Lだと26980円・・・
ATLASは・・・・6720円 ^^V
3つ買えますよ。
2年4万キロ保証付き(岡山の出品者から落札った)

オーディオやら時計やらカーナビ、エンジンスターター
ターボタイマー、パワーウインドウ etc.
メモリーが消えるとメンドウなんで
とりあえず昨日スパーダから降ろした
古河の7L-BSをつなぎます。

適当に配線して 摘出します。

摘出したバッテリー。
ステッカーにはGSユアサって書いてありますが
本体には一切書いてありません。
本当にGSユアサ??
再生バッテリーでしょうか??

右目はココにバラストを設置。
もちろん両面テープです^^
本来ノーマルホーンがあったのですが撤去。
前オーナーがグリルのところに
ヤンキーなホーンを付けてくれてるので。

インテークのレゾネーターは外しています。

左目も同じところに両面で。

比較的作業スペースがあって助かりました。

頑張って復元 ^^
光軸は高さだけ修正。
作業時間3時間30分
バラしと復元で2時間30分
バッテリーで30分

HIDは実質30分^^
写真でも判りますがポジション球が昭和の色のまま ^^;
このあとLEDの球を買いに行ったのは
言うまでもありません ^^

夜。

フラッシュ使用だと判りにくいですね。

フラッシュ切りで。

明るくて眼が痛いわ・・・。

個人的には6000Kは白すぎますね。
4500Kくらいかな~。
と言うことで 実験してみたわけですが
中華製と言っても 特に問題なさそうですネ。
一応、評価が高くて 以前から見かける業者から
落札ったんですが。
中には粗悪品もあるそうですので・・・。
まあ、国産品の1/10で買えるんですから
壊れたら 次の行きますし・・・^^;

ビートル、ストリートにも採用しようかな~。
(エッセは充分明るいんで~)
どちらもバッテリーが後ろシートの下なんで
+の延長が必要ですが。
最近リレーレスタイプ
(ノーマルライトのカプラーから電源を取る)
もあるみたいですが
旧車の場合バッテリーから直に電源を取るのも
意味があるし・・・。
(ライトスイッチの負担軽減ネ)

カテゴリー: 日記   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">